市総体2日目  ~sequel 7~

6月19日 市総体2日目。
中央地区大会への突破はもう決定したけれど、出来るだけ良いドローを獲得するために、今日も何が何でも勝たなければならない。
今にも降り出しそうな暗い空の下、1試合目がスタート。息子は昨日イイ感じだった右サイドバックでのスタート。
開始早々、息子がオーバーラップからのセンタリングで、仲間の得点をアシスト。更にその仲間がまたすぐに決めて、あっという間に2点のリードとなった。そのタイミングで空から雨粒が落ちてきた。雨は一気に強くなりどしゃ降りで視界も遮られるなか、再び息子がオーバーラップをしかける。サイドハーフの仲間が縦のスペースへ出したボールめがけて猛ダッシュ、追いつくと同時にカットイン、タッチが大きくなったボールにつられてキーパーが出てきたが、息子はそのニア側を打ち抜いて、最後はキーパーとの接触をジャンプでかわした。脚の速さが存分に発揮されたゴールだった。
それから数分経った頃、息子は早々と他の仲間と交代を命じられた。多分今日はご苦労さん交代だったのだと思う。
結局試合が終わってみると、11-0の圧勝であった。グループリーグでは一番の難敵だと思っていたのだが、中学生のチームはメンタル次第で全然違うチームになってしまうことが多々あるんですよね。やっぱりムツカシイ御年頃なんですね。

さあ、いよいよ決勝。
相手はいつものチーム。新人戦では負かしたけれど、実績からしたら相手チームのほうが遥かに上。ほとんどの大会で優勝し、いつも“リベンジするから決勝までこい”と言われながら、毎回うちのチームがそこまで届かずに、勝ち逃げ状態でここまで来た。さすがに市の大会ならば、この2チームが突出しているので、やっとその機会が実現した次第だ。相手は強いけれど、うちのチームとしては、そんなに組みにくい相手ではないので、是非とも返り討ちにしてほしいものだ。
試合終了 0-1 (そう、負けた試合は淡泊です)。
勝てる可能性がまったくなかったわけではないけれど、点差以上に実力の差を感じた試合でもありました。
まぁ、優勝は出来なかったけれど、今回の目標はそこではないので、とりあえず最低限のノルマは無事に達成といったところでしょうか。

翌々日はリーグ戦。前半戦最後の試合。ということは、息子がリーグ戦に出るのはこれが最後となる。チーム的には出来れば夏休みいっぱいは3年生にリーグ戦に残ってもらいたいようなのだが、真夏の暑い盛りに40分ハーフという地獄の戦いに、息子が喜んで参戦するはずもないので、おそらくこれが最後のリーグ戦だろうと思う。
2部リーグは県内全域のチームで構成されているので、これまで妻と二人で県内各地へたくさん出向いた。遠い地へ行くと、そこに息子や仲間たちがいて、その試合を応援するのは、なんかちょっと不思議な感覚でした。県内ですらそうなんだから、全国や世界レベルになったら、どんな気持ちになっちゃうんですかね。
妻と二人でドライブがてらリーグ戦の応援に行くのは、ほんとうに楽しかったです。
本人は眠いし疲れるしで大変だったんだろうなと思うけど、
素敵な時間と思い出を、どうもありがとう・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2015年06月27日 17:20
本当にサッカーをやめてしまわれるのでしょうか??すごく良いものを持っていると思うのですが…。

この記事へのトラックバック