初めて見た夢  ~Scene 24~

scene24a.jpg


と言ってもお正月に初めて見る夢の事ではなくて、
生まれてから初めて見た夢のことです。
まあ正確に言えば、自分の記憶にあるいちばん最初の夢ですかね。
僕が覚えている最初の夢は、もちろんあやふやな記憶ですが、
たぶん3歳頃に見た夢だったような気がします。
それは何処まで行っても終わりが見えない、
とにかく広い広い草原かお花畑のような場所を、
たった一人でずっと歩き続けている夢でした。
ひとりぼっちで心細いような気もしたけれど、
でもなんだかとても心地よかったような感覚だったのを覚えています。

あれからかなりの歳月を過ごした今、
あの夢がなんだかとても深い意味があるような気がしています。
たぶん最後には、またあの場所に帰るんじゃないかなぁ、と。
なんとなくそんな気がしています。
今僕がいる場所の近くに、その夢にちょっと似ている場所があります。
春になるとここの広い丘は、大好きな青色の花で埋め尽くされ、
まさに幻想的で、そこにいるとなんだかとても不思議な感覚に包まれます。
このまま天国につながっているんじゃないかとさえ思えます。
だいぶ夢の記憶が薄れてしまった今、おそらく僕が最後に見る夢は
きっとこの景色なんだろうなと思います・・・



scene24b.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント