ばあちゃん家  ~Scene 8~

僕がまだ小さい頃は、田舎に帰省した時に寝泊まりする叔父さんの家とは別に、離れにはまだ祖父ちゃん祖母ちゃんの家が建っていた。それは茅葺屋根でとても古い木で出来た、まるで大正時代の家だった。その頃はもう祖母ちゃんも叔父さんの家に住んでいて、あまり使っていないようだったけれど、僕達が行った時には時々その古い家を開けてもてなしてくれ…
コメント:0

続きを読むread more

虫捕り  ~Scene 7~

僕が子供の頃に住んでいた横浜の町は、当時はまだかなり自然が残っていた。なので夏になれば必ずクワガタ探しをしていた。でもさすがにカブトムシはもう周辺の森にはいなかったので、男の子として田舎に帰省した時の最優先事項は、やはりカブトムシもしくはデカいクワガタを捕まえることに尽きる。 茨城の実家はすぐ裏がほどよい里山なので、5分も…
コメント:0

続きを読むread more

沢蟹  ~Scene 6~

夏休みに親の実家に帰省した時に、毎年楽しみにしていた事をもうひとつ。それは沢蟹(サワガニ)獲りだ。実家のすぐ裏に里山があって、そこに小さな沢が流れていた。その沢伝いに少し山を登っていくと、沢蟹がけっこう獲れる場所があった。夏のうだるような暑さの中、ひんやりとした沢の流れに足を入れているだけでも、とても気持ち良かった。大きめの…
コメント:0

続きを読むread more

カジカ釣り  ~Scene 5~

お盆休みに母方の実家である茨城の田舎で過ごす数日間は、都会では経験出来ない事で満ちている。そのなかでも一番の楽しみは、近くの川でのカジカ釣り。裏の竹林で竿を見繕い、エサのミミズを集めていざ出発。麦わら帽子に竹竿を担いで畑道を歩くこと20分、誰もいない貸切りのポイントに到着。錘の代わりには河原の石を結わく。子供の僕にもちょうど…
コメント:0

続きを読むread more