テーマ:震災

東日本大震災 6   ~with hope 6~

2014年 3月11日 あれから3年・・・ 今でも、あの時に失われた、たくさんの命の事を思うと とても胸が痛みます 今、息子がサッカーをしていられる事に また、その姿を私たちが応援していられる事に 感謝・・・
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東日本大震災 5   ~with hope 5~

3月27日、福島第一原発の状況も、少し落ち着きを見せ始めたこともあり、震災後初めての少年団の活動が行われることとなった。 一度は開催が危ぶまれていた、6年生の卒団式だ。 地震の翌日に予定されていた最後の大会が中止になり気の毒だったが、この学年は、過去最高の成績を収めたチームだったので、ちゃんと送り出してやる事が出来て、監督やコーチも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災 4   ~with hope 4~

地震から4日経ち、相変わらず物資は不足しているが、 電気も復旧し、水が出ない不便を除けば、だいぶ落ち着いた日常を取り戻しつつあった。 しかしそんななか、新たな、しかももっと深刻な不安が私達を襲うことになる。 福島第一原発。3号機、2号機、相次ぐ爆発。4号機火災発生。 この地から福島第一原発まで距離にして125km程度。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災 3   ~with hope 3~

地震直後の数日間は、空いているお店がほとんど無く、どこどこの店が開くらしいと聞くと、行っては並び、とにかく少しずつでも食料を確保する為に飛び回っていた。 それはまるで雛の為に餌を求めて飛び回っている、親鳥のような感覚だった。 そんなスーパーの帰り道、近所のパン屋さんに何人かの列が出来ていた。 何を売ってもらえるのかも分からないまま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災 2   ~with hope 2~

翌朝、起きた時点では、まだ電気も水道も復旧していなかった。 (結局電気は丸3日、水道は2週間、復旧するまでに時間を要した) 携帯もまだほとんど繋がらない。情報源はラジオと防災無線だけだ。 昨晩は家の中では危険だと、車の中で一晩を過ごした家族もたくさんいたようだ。 我が家はオール電化住宅なので、電気が止まるとほぼお手上げである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災 1   ~with hope 1~

その凄まじい揺れは、何の前触れも無く突然やってきた・・・ 2011年3月11日 14時46分。 その日は夕方からアントラーズクリニックの練習がある日で、息子と他に一緒に行く二人の友達が、4時頃に学校から我が家へ帰宅するのを、家内と二人自宅で待っている時だった。 “あっ地震だ”いつもの事だと思っていると、 “ちょっと大きいぞ”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more